工法

自由度が高いからこそ在来軸組工法

木造建築工法で、日本でもっとも伝統的な木の軸を組み立てて建物を支える工法。

軸で支える構造は、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部を可能にし、通風や採光に優れた空間設計が可能になります。

さらに増改築が容易で、使用する木材によっては、建築予算もフレキシブルに調整できます。木材にミゾを刻んでかみ合わせる職人技が必要な工法のため、職人の経験や技術の差が出やすい工法です。
だからこそ、本田工務店では自社専属の大工で建築を行います。
他にもプレウォール工法をはじめとするパネル工法やWB工法など、幅広い工法を駆使しお客様のご希望を最大限実現することをお約束します。

こんな工法にも対応しています

 

ペット共生住宅


ペットと一緒に末永く快適に暮らす。飼い主(ヒト)とペットの快適な暮らしを考慮したすまい。

詳しく見る

 

WB工法


WB工法は、難しいといわれてきた通気と断熱の両立を実現。夏冬快適な環境を造りだします。

詳しく見る

PAGE TOP